家族のケアが大変…心的負担を無くす豆知識

若い頃からずっと看護・介助をしてきた方は、心労等を吐露する友人の不在が気がかりという場合も少なからずあるようですが、これは同年代の仲良しに同様の悩みを抱える人が中々いないのと、親族間の交流も細々としたものになっている時勢が遠因だと言えます。三十代で両親を介助・看護している人は、既婚かどうかで懊悩も異なってきます。つまり結婚していない人は実の父母で、他方で結婚している人なら舅・姑が対象となる事もあります。とにかく、相談事は独りで抱えない事です。介護が毎日続くと内面的かつ体力的に厳しく、出口がはっきりしない事に苦渋を覚える方も多くいます。そうはいっても、悩みを共有する仲間は社会に沢山います。パンクしないように愚痴を話せる場所があることこそ重要です。

家族のケアが大変…心的負担を無くす豆知識

イライラがひどいイヤな日こそすぐに気持ちをチェンジして心の疲れを発散!

かなり大きな苛立ちにおそわれた場合、ちょっとやそっとの精神疲労の発散法などではあまり意味は無い可能性もあります。コントロールに悩む物憂い気分或いは腹立ち等はどういう形で対決していくのがベストなのでしょう?。体調の悪化から心の緊張を抱え込む場合はあり得るのです。理由が不明な怠さですとか群発性頭痛、肩こり等、長期に渡る体調の悪さのために苛立たしい感情も強まっているかもしれないのです。気疲れの解消をする前に、先に原因究明をしましょう。普段からため込んだ苛立ちですが、出来る限りちびちびと出して追い散らすことが理想的です。1週間にいっぺん通う習い事、あるいは知人同士で過ごす休日の談笑の時間等、効率的に気疲れを追い出す環境を生み出すのを心がけましょう。

イライラがひどいイヤな日こそすぐに気持ちをチェンジして心の疲れを発散!