aa 包茎手術について知ろう

包茎手術には医療目的の保険診療と美容整形目的の自由診療の二つがあります。包茎手術というと一般的には美容整形目的の自由診療を指すのが殆どです。保険診療と自由診療では手術の特徴が異なります。包茎手術を知る上でこの二つの違いを知るということは非常に大切なポイントになります。

 保険診療で包茎手術を行う場合には、真性包茎や嵌頓包茎などの“症状を伴う包茎”である必要があります。医師の診断を受けて治療を行う必要がありますが、手術費用の負担が非常に少なくて済むという特徴があります。包茎治療で保険適応を受けるというのは非常に稀ですが、手術費用の負担を減らしたいという場合には泌尿器科で診察を受けてみましょう。  自由診療の包茎治療は100%の自己負担で治療を行わなければなりません。このため自由診療での包茎治療は美容整形と同様に手術費用は高額です。包茎手術の殆どが自由診療によって行われています。包茎手術を自由診療で行う理由は様々ですが、保険の適応されない仮性包茎に対して包茎治療が行われるというのが大きな原因です。

 包茎手術を安易に決断することは非常に危険なことです。包茎手術では一部悪質なクリニックによる高額な手術費用の請求や手術ミスによる勃起時の痛みなどのリスクがあります。このようなリスクは良いクリニックを選び、手術プランを立てることで避けることができます。包茎手術を検討する前には、クリニック選びや手術方法などを確りと検討するようにしましょう。

 

【特集】
こちらは受付から院長まで病院のスタッフが全員男性です。クリニック選びの参考にしてください >>> 包茎


ページTOPへ